健康診断の結果や方法がよくわかる | チェカプー
一般的な健康診断で行われる項目と結果の基準値など

一般的な健診の血液検査について

血液検査は、数ある健康診断の検査の中でも極めて重要なものです。注射による採血が苦手な人が多いようですが、知らぬ間に進行している生活習慣病などの病気を見つけたりするためには欠かせないものですので、なるべく前向きな気持ちで受けるようにしましょう。一般的な健康診断の血液検査の項目と、それぞれの基準値などをお教えします。

自分の検査結果と比べてください

血液を遠心分離機にかけると液体と固体に分かれるのですが、このうちの固体を調べるのが一般的な健康診断で行われている血液検査です。

この検査はさまざまな病気の可能性を知ることができるので非常に有意義ですが、診断書に記載されている検査項目や、結果数値をざっと見ただけでは、何のことを表しているのか、数値がいくつならば正常なのか良く分からないものです。そんな時は下記と自分の検査結果とを比べてみてください。

血液検査項目とそれぞれの基準値

一般的な健康診断で行われる血液検査の項目には、白血球数・赤血球数・ヘモグロビン数・ヘマトクリット値・血小板の数・尿酸値などがあります。

それぞれの基準数や基準値、基準を上回っていた場合や下回っていた場合に考えられる病気などは、下記の通りです。

白血球数について

体内に細菌やウイルスなどの異物が侵入すると、増加してそれらと戦う働きをする物質が白血球です。数には個人差がありますが、正常な数は3500〜9000μlくらいとされています。

白血球の数が1万5千〜2万ほどであった場合は炎症性疾患が疑われますが、もし20万前後もあった場合には、恐ろしい血液のガン白血病の可能性があります。

赤血球数について

体の各組織に酸素を届けるヘモグロビンを運搬する役目を持っているのが赤血球です。基準数は性別によって異なり、男性は400〜550万μl、女性は350〜500万μlくらいとされています。

男女共に赤血球数が200万以下の場合は貧血の可能性がありますが、基準値を大幅に上回った場合は、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる多血症の疑いがあります。

ヘモグロビン数について

ヘモグロビンとは、赤血球の中にある蛋白質のことであり、全身に酸素を運ぶ役割を持った物質です。男性は14.0〜18.0g/dlが正常な数であり、女性は12.0〜16.0 g/dlが正常な数であるとされています。

ヘモグロビン数が少ないと貧血が疑われますが、男性の場合は13g/dl以下、女性の場合は11 g/dl以下と基準が違っています。

ヘマトクリット値について

一定量の血液に含まれている赤血球の割合を表したものがヘマトクリット値であり、男性は40〜50%、女性は35〜40%が基準値です。どちらも基準値より下回っていたら貧血、逆に基準値を上回っていたら赤血球増加症(多血症)の可能性があります。ただし新生児や生理前の女性は高値になりますので、注意が必要です。

血小板数について

血小板とは、ケガなどで損傷した血管をふさぎ、出血を止める役割をもった物質です。基準値は性別で異なり、男性は12.9〜32.0万μl、女性は13.1〜32.8万μlであると言われています。

10万μl以下の場合を血小板減少症と呼ぶのですが、さらに減少して5万μになると傷口が塞がり難くなります。反対に過剰に増えた場合は血液が固まってしまうため血栓症が引き起こされる可能性が高くなります。

尿酸値について

細胞が壊れることによってできる老廃物が尿酸であり、尿と一緒に体外に排出されるべきものなのですが、さまざまなことが原因で増え過ぎると血液中に溢れてしまいます。

男性は4.0〜7.0 mg/dlが基準値、女性は3.0〜5.5 mg/dlが基準値とされており、男性で7.0 以上あった場合は高尿酸血症、女性で8.0以上あった場合には腎臓病の疑いがあります。

  • <健康診断のイロハ>定期・雇用時・注意事項や結果の早見など
  • <色々ある健康診断!>自己・学校・職場の場所別から特定系など
  • <もっと詳しく検診>ドックや癌(がん・ガン)・婦人系の健康診断
  • <健康診断・検診結果のわかりやすい説明>測定方法・用語解説・基準値・病気の種類など