健康診断の結果や方法がよくわかる | チェカプー
遠心分離機で赤血球・白血球などを精密チェックする尿検査

尿沈渣(HPF)を詳しく解説します

尿沈渣は、尿定性検査の次に行われる検査です。尿検査が無事に済んだ人にはあまり関係がないかもしれませんが、泌尿器系の病気を発見するのに役立つ重要な精密検査ですので、ぜひ知っておいてください。ここでは尿沈渣について詳しく解説しています。

精密検査の一種、尿沈渣に迫ります

尿検査で引っ掛かってしまい、「もう一度尿を採って持ってきて下さい」と言われたことはありませんか?尿沈渣は、尿検査の再検査として行われる精密検査の一種です。

一般的にはあまり知られていませんが、尿中に含まれている成分を調べると、さまざまな病気の可能性が分かります。では検査の方法や検査で分かる病気など、尿沈渣に詳しく迫ります。

尿沈渣はどんな場合に行われるか?

尿沈渣は、1度目の尿検査で、尿蛋白や尿糖や尿潜血が陽性(+)であった場合に行われるものです。このような判定が下された人は、もう1度尿を採取して提出する必要があります。

なお採取時の注意ですが、出始めの尿は捨てて中間の尿を採るようにしなければなりません。これは尿道口の周りについている細菌や汚れが混入するのを防ぐためです。

採取した尿は遠心分離機にかけます

試験管に入れた尿を遠心分離機という機械にかけて5分ほど回すと、液体と固体とに分かれるのですが、尿沈渣ではこのうちの底に沈んだ固体のほうを調べます。なお沈殿物の正体は、赤血球・白血球・上皮細胞・結晶成分・円柱などです。

顕微鏡で沈殿物の有無や数をチェック

赤血球や白血球、上皮細胞や結晶成分や円柱などは、目には見えないほど小さいものでから、観察するためには顕微鏡が用いられます。顕微鏡を覗いて、1視野の中にこれらがどのくらい存在しているかを数えていくことで検査を行います。

そして基準値よりも多くないか、健康時には見えないはずのものが見えていないか等をチェックします。

それぞれの基準値、推測できる病気

それぞれの基準値や、基準値を上回っていた場合に推測できる病気は以下の通りです。

沈殿物 基準値 推測できる病気
赤血球 1視野に2個以下 急性糸球体腎炎、膀胱炎、尿道炎、腎腫瘍、腎結石
白血球 1視野に4個以下 腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎
上皮細胞 1視野に少数 膀胱炎、尿道炎
結晶成分 1視野に少数 腎結石、急性肝炎、閉塞性黄疸、痛風
円柱 1視野に0個 慢性腎炎、糸球体腎炎、腎盂腎炎、ネフローゼ症候群

「400倍率の1視野」がHPFです

尿沈渣では、顕微鏡で調べた沈殿物の数をHPFというアルファベットであらわす場合があります。HPFとは、「顕微鏡で400倍に拡大した1視野」を示す単位のことであり、具体的には『赤血球:2個/HPF』『白血球:4個/ HPF』といった風に表記されます。

再検査の指示には必ず従いましょう

赤血球や白血球の数には個人差があり、体調によって一時的に増えることもあります。よって、基準値よりも多かったからといって必ずしも病気であるとは限りません。

しかし正確な診断を下すためには、やはりもう一度検査を行わなければなりませんので、再検査を受けるように指示があった場合は必ず従うようにしましょう。

  • <健康診断のイロハ>定期・雇用時・注意事項や結果の早見など
  • <色々ある健康診断!>自己・学校・職場の場所別から特定系など
  • <もっと詳しく検診>ドックや癌(がん・ガン)・婦人系の健康診断
  • <健康診断・検診結果のわかりやすい説明>測定方法・用語解説・基準値・病気の種類など

関連リンク