健康診断の結果や方法がよくわかる | チェカプー
心臓超音波検査のわかりやすい説明

心エコー検査を分かりやすく説明します

血液を作り出し全身にくまなく送り届ける心臓は、私たち人間にとってたいへん重要な臓器です。生命の維持のために絶えず活動している心臓に異常が起きては大変ですので、定期的に検査を受けて心臓の健康状態をきちんと把握しておきましょう。検査の方法や検査が行われる条件など、心エコー検査について分かりやすく説明します。

心臓の機能を調べる、心エコー検査を解説!

心エコー検査は心臓がきちんと機能しているかを調べるための検査です。痛みや臓器を傷付けるようなことは全くないので「超音波なんて心臓に当てて大丈夫なのか」などと心配する必要はありません。

安心して検査を受けて、自分の心臓をしっかりとチェックしてもらいましょう。では心エコー検査について詳しく解説していきます。

心エコー検査は安全で利点が多い検査です

心エコー検査とは、胸に超音波を当ててはね返ってきた反射波をモニタに映し出し、心臓を観察する検査のことです。

この検査は心臓超音波検査とも呼ばれており、心臓の病気の発見をはじめ、心臓病の重症度の把握や治療後の経過観察などにも役立ちます。

副作用がなく安全性が高い検査であり、さらにペースメーカーや人工弁に悪影響を与えない・X線検査のように被爆する心配がないなど、さまざまな利点があります。

心臓病や冠動脈の血流なども分かります

この検査で診断することのできる病気は、心筋梗塞・心臓弁膜症・心不全・心筋症などの心臓病です。心エコー検査は、さまざまな超音波検査の中でも特に専門的な知識が必要であると言われているのですが、診断の上手な人が行うと、冠動脈の血流がスムーズであるかなども調べることができます。

心エコー検査は、どんな時に行われる?

  • 心電図のグラフに異常が見られたとき
  • 心臓が拍動する時に雑音がある場合
  • 胸部Xエックス線検査で「異常あり」と診断されたとき
  • 胸痛や手足のむくみ・心臓の鼓動が激しいなど、自覚症状が見られるとき
  • 血液疾患を治療する前の検査として
  • 心筋梗塞などの心疾患の経過を観察したいとき

検査の時は、上半身裸になりましょう

上半身裸になり、診察台の上に仰向け(左側を下にし、横向きに寝る場合もあります)に寝て右手と右足に電極を取り付けます。次に胸の上に検査用のジェルを塗り、超音波を発するプローブという器械を胸部に当てて、いろいろな角度から心臓の断面図を描出していきます。

なお、超音波には骨や空気は通過できないという性質があるので、検査中はできるだけ呼吸を浅くしたり、息を止めたりするように医師から指示があります。

断層心エコーとカラードップラーで診断します

心臓は、左心室・右心室・左心房・左心室の4つの部屋から構成されており、それぞれには血液の逆流を防ぐための弁がついています。

検査では、これらの動きや形・大きさなどを観察することで、心臓に異常が起きていないかを診断するのです。なお、検査方法には大きく分けて「断層心エコー検査」と「カラードップラー検査」の2つがあります。

断層心エコー検査について

断層心エコー検査とは、心臓の縦の断面図を見て、心臓が拍動する様子を調べるための検査です。モニタには心臓の各部屋や大動脈などが映し出され、それぞれが動いている様子がはっきりとわかります。もし動きの悪い箇所があったら、その部分に障害があると見当を付けることができます。

カラードップラー検査について

心臓に流れる血液をカラーで表示させ、血流の速さを測定したり逆流の有無をチェックしたりするのがカラードップラー検査です。

心臓が正常に機能していれば、収縮時には青い色が画面の下に向かって移動する様子が映り、拡張時には赤い色が画面の上に向かって移動する様子が映るのですが、異常があった場合には青と赤が混じって見えてしまいます。

  • <健康診断のイロハ>定期・雇用時・注意事項や結果の早見など
  • <色々ある健康診断!>自己・学校・職場の場所別から特定系など
  • <もっと詳しく検診>ドックや癌(がん・ガン)・婦人系の健康診断
  • <健康診断・検診結果のわかりやすい説明>測定方法・用語解説・基準値・病気の種類など