健康診断の結果や方法がよくわかる | チェカプー
特定健診の目的や検査項目などの解説

特定健康診査を知っていますか

皆さんは、糖尿病などの生活習慣病やメタボリックシンドロームの予備軍を減らすために、数年前より特別な健康診査が行われていることをご存知でしょうか?近ごろ自分の体型が気になる人や、周囲からポッコリと突き出たお腹を指差されて「メタボ」などと言われている人には特に注目して欲しい、特定健康診査について紹介します。

目的や検査項目などを教えます

特定健康診査は、年々増え続けている生活習慣病やメタボリック症候群の対策として平成20年よりスタートした健康診査です。

これらを発症するリスクの高い中高年の人に受診を勧めているものですが、近年始まったばかりのものであるためか、今までの健康診断とよく区別がつかず、案内が届いても戸惑ってしまう人が多いようです。検査の目的や検査の項目など、特定健診について分かりやすくお教えしましょう。

特定健康診査は、健康保険加入者が対象

特定健康診査とは、2008年の4月より全国の市区町村に導入された新しい健康診査のことです。

糖尿病・心筋梗塞・脳卒中・高脂血症など、年々増え続けている生活習慣病の予防や悪化の防止のために開始されました。

検査の内容は「メタボリックシンドローム」に特化したものであるため、一般的には「メタボ健診」と呼ばれています。年齢が40歳以上75歳未満であって、公的医療保険の加入者という条件を満たしていれば受診が可能ですが、特に被扶養者(学校や会社の健診を受けられない主婦など)を対象としています。

内臓脂肪型肥満+生活習慣病=メタボです

最近、メタボという言葉を肥満の代名詞のように使っている人が多いようですが、メタボ=肥満ではありません。肥満には大きく分けて、皮膚の下に脂肪がたまる皮下脂肪型のものと、内臓の周りに脂肪がたまる内臓脂肪型のものがあります。

メタボリックシンドロームは、後者の「内臓脂肪型の肥満」に、生活習慣病である糖尿病や高血圧や高脂血症のうちの2つ以上が合併して起きている状態のことを表しています。

特定健診の検査項目とそれぞれの解説

皮下脂肪が付きやすい女性の体とは対照的に、男性の体は内臓脂肪が付きやすい傾向にありますが、これには男性ホルモンの働きが大きく関係しています。

男性は女性に比べると筋肉の量が多いため、筋肉を動かすためにはたくさんのエネルギーを必要とします。そのエネルギーの源となるのが内臓脂肪であり、この内臓脂肪を多く蓄えるべく作用しているのが男性ホルモンなのです。

生活習慣病やメタボは内臓脂肪が要因ですので、対象年齢の男性は積極的に健診を受けたほうがよいでしょう。

内臓脂肪は男性に付きやすい!

以下が特定健診の検査の項目です。身体測定に腹囲が含まれている所がポイントです。

メタボリックシンドロームは、後者の「内臓脂肪型の肥満」に、生活習慣病である糖尿病や高血圧や高脂血症のうちの2つ以上が合併して起きている状態のことを表しています。

  • 問診・・・・・・生活習慣や行動習慣などをチェックします。
  • 診察・・・・・・病状を判断するために、聴診や触診や打診などを行います。
  • 身体測定・・・・・・身長・体重・腹囲などを測り、肥満度やBMI値を算出します。
  • 血圧測定・・・・・・最高血圧と最低血圧を測定し、高血圧の状態でないかを調べます。
  • 血液検査・・・・・・血中の中性脂肪やHDLコレステロール、血糖やHbA1cなどを測定します。
  • 尿検査・・・・・・尿中にどれぐらいのブドウ糖や蛋白が漏れ出ているかを調べます。
  • 心電図、貧血検査、眼底検査など・・・・・・医師の判断によりいずれかが行われます。

受診の自己負担額はどれくらい?

特定健診の受診にかかる費用は、加入している保健の種類や地域などによって異なります。

具体的には、協会けんぽの加入者であれば自己負担額は700円〜2600円、政令指定都市である大阪市・仙台市・さいたま市・名古屋市・北九州市で国民健康保険に加入している人であれば無料、残りの12市に関しては500円〜1500円とされています。

  • <健康診断のイロハ>定期・雇用時・注意事項や結果の早見など
  • <色々ある健康診断!>自己・学校・職場の場所別から特定系など
  • <もっと詳しく検診>ドックや癌(がん・ガン)・婦人系の健康診断
  • <健康診断・検診結果のわかりやすい説明>測定方法・用語解説・基準値・病気の種類など

関連リンク